初心者も2分でコンビニ水がわかるガイド。あなたピッタリの水が見つかる

2分

当ブログ管理人のMizuです。私に2分ください!

 

最近コンビニで扱う水の品数増えたと思いませんか?

 

そこで今回は、コンビニで水を買いたいけど選び方がわからない人必見。コンビニによくある水を厳選しましたので、オススメから選んでみてください!

かんたんな水の知識

水の種類


  初心者でも見てわかりやすいのはその水が「硬水」「軟水」かです。


裏側のラベルを見ると表記されていることがほとんどだと思います。
硬水…海外のメーカー多い。軟水…国内のメーカー多い。

注意:「鉱水」って表記に惑わされないで!!!

   どんな水のジャンルかという表記で、他に「湧水」などありますが省略。

これだけ分かれば問題なし「特徴の説明」

 

 軟水の特徴 

含まれるミネラルが基準値より少なく、滑らかな口当たりで刺激が少なめです。

日本の水はほとんどが軟水なので、慣れているのは軟水でしょう。

迷ったら軟水にすれば間違いなし!!!

 

 硬水の特徴 

文字通り硬い。水にカルシウムやマグネシウムなどミネラル成分が混ざっています。

このミネラルが基準値より多いと硬水になります。

水に溶けていますが、本来は固い成分ですよね。なので口当たりが少しゴワゴワ感じることがあるでしょう。


硬水のgood point

ミネラルが補給できる。硬水が問題ないのであれば、日本人はミネラルが不足しがちなので硬水をオススメします!

 

 まずは「軟水」「硬水」の特徴を抑えておけば、水を買う時に便利です。 

コンビニで買える私のオススメ4種


 水メーカーは何種類も存在しますが、手軽にコンビニで買うことができる4種類を紹介します。

個人的な口コミもぜひ参考に…ちなみに私は南アルプス天然水押しです。

サントリー 「南アルプスの天然水」


 ほとんどのコンビニで取り扱い有。基本的にどこでも買えます。

個人的に一番滑らかで、のどごしも全くゴワゴワしません。

 

「南アルプス」「奥大山」「阿蘇」の天然水と3種類地域によって販売が異なります。

「南アルプス」「奥大山」はかなりの軟水で「阿蘇」は軟水ではありますが少し硬水に近い数値です。

日本コカ・コーラ 「い・ろ・は・す天然水」


 現在のコンビニ普及率はトップクラスではないでしょうか。

 

個人的には軟水の中でも硬水に近い味。でも軟水なので口当たり滑らか、のどごしは少し硬水に寄っている。

キリン 「ボルヴィック」


 ボルヴィックは一度は聞いたことのある水の名前ではないですか?

ヨーロッパの水の中でも珍しく軟水です。

 

個人的にも軟水で飲みやすいですが、水にほんのりとろみを感じます。

(あくまで他の水と比較した場合です)

 

伊藤園 エビアン


ミネラルを多く含む硬水ながら、比較的飲みやすい硬水です。

 

個人的には硬水は慣れてないので、少し飲みにくいです。しかし海外にも販売しているので、1度口にしておくと旅先の飲み水に安心感があるでしょう。

 

水がだいすきMizuよりさいごに


 いかがでしょうか、近頃の夏は気温も高く水分摂取が必須です。

今年の夏は手軽にコンビニの水で味比べしながら水分摂取を!

そして水の味をわかるようなツウになってほしいと思います。

 

最後までありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

コメント